みれいずにっき

筆者の日常とか遊んでいるゲームのこととかを書いている日記。だいたいアイマスかMagic: the Gathering

ファン感謝祭シナリオ初プレイ

MTGで「オースブレイカー(Oathbreaker)」というカジュアルフォーマットが流行りだしているんだとか。海外発祥の変則フォーマットで日本ではまだまだ浸透どころか広く知られていない(ふともも構築とかPDとかと同じくらい?)かもですが、EDHをベースにした構築の多人数戦でなかなか面白いそうです。統率者はPW、そして「刻銘呪文」という統率者が場に居る時限定で使用できる呪文の枠が追加されて60枚のハイランダーでデッキを組んで対戦するルールということで、よりエキサイティングなゲーム展開になりそうですね。せっかくですしなにか1つ組んでみましょうかね?

 

 

///////

 


f:id:mirase:20190715231002j:image

シャニマスの「ファン感謝祭」編をようやく遊んでみました。ざっくり1周してみた印象としては、VoDaViのどこかを特化するなら直ぐに初期上限の500までいくものの、基本的にノート埋めを基本の動きとしつつそれでいてサポートアイドルの配置と埋めたいアイコンが的確かどうかも流れに身を任せるような感じなので、意外と早くノートが埋まったり埋まらなかったり?Me、SPも意図的に狙っていかないとなかなか上げられないので配分が難しいですね。

 

ゲーム中2回あるライブパートはまだセオリーが不明。とりあえずMVPは取れたものの思い出アピールで掠め取れた感じだったのて。あと何回かで感覚を掴まねば。