みれいずにっき

筆者の日常とか遊んでいるゲームのこととかを書いている日記。だいたいアイマスかMagic: the Gathering

第二弾だる~ん

 

f:id:mirase:20211011205352j:image

f:id:mirase:20211011205413j:image

注文していただるぐるみが届いておりました。第二弾は「リリエールと祈りの国」からリリエールさんとイレイナさん。相変わらずだる~んとしていて和みます。来年1月の再始動が非常に楽しみですね。もしかしたらそのまま続いてくれるのかしら?また以前から読んでいるノベル「サイレント・ウィッチ」の新刊も出ておりましたので併せて購入。たまたまTLに流れてきた1巻のジャケットの雰囲気が好きでそのままフィーリングで読み始めたシリーズですが結構面白いです。原作はweb小説で連載されていたもののようで既に完結しているとか。天才的な魔法の力を持ちながら人付き合いが壊滅的に苦手というギャップ持ちの主人公、なんだかオタク気質ですね。

 

 

///////

 

 

f:id:mirase:20211011205339j:plain

「ここから ゆうしゃの ものがたりが はじまる!」

 

まぁそんなわけでメインで楽しんでいるMTGとは別に友人と遊んでいる遊戯王もちょくちょくカードを集めているご報告。最近出たパックにRPG要素を取り入れたテーマがあって面白そうだったので組んでみようかなと。ちなみにこのカードで召喚できる勇者トークンは特に絵柄が指定されていないとのことで、他のカードなどでそれらを表現してもよいとのこと。好きなキャラを勇者に立てて遊べるのはイイですね。相変わらずカードプールが広い上にテーマが膨大かつ専用カードが豊富なので組み換え方がよくわからないTCGですが、まぁカジュアルに遊んでいるので使いたいカードを使っていく方針です。ガチで遊ぶのはMTGだけで十分です。

 


f:id:mirase:20211011220150j:image

で、そのMTGもシングルカードをまた確保しました。どちらかというとコレクション目的に〈Kjeldoran Outpost〉、一枚あればカーンで引っ張ってこられる強烈な攻撃抑制置物〈罠の橋〉、そして散々苦しめられてトラウマになりかけてる青の名カウンター〈謎めいた命令〉。青が濃いコントロール系のデッキならまず入っているだろうカードなのでようやく自分でも使ってやれるとワクワクしてますが、今の環境ではそうでもないらしく良くて1枚、詰めるとそもそも投入されていないというデッキが主流らしいです…おやおや?その原因は間違いなくモダホラ2で激変してしまった環境。明らかに早い環境になっているので、4マナと重くどっしり構える系のこのカードはそもそも環境に適していないとか。それよりもより軽く扱いやすい〈大魔導師の魔除け〉のほうが現在は多めに採用されているそうです。使えば強いのは確かですが、そうか、うーむ…