みれいずにっき

筆者の日常とか遊んでいるゲームのこととかを書いている日記。

三度目の地平線へ

つかれてますねたいです。

 

f:id:mirase:20240522230413j:image

わぁ12年。

 

 

///////

 

 

いざ三度の地平線へ。6月14日に発売となるモダン以下のフォーマットで使用可能となる環境ぶっ壊し特殊セット「モダンホライゾン3」のデビュー番組が本日未明に配信されておりました。前情報から楽しみで仕方がなかった本セット、さすがにリアタイでは見られませんでしたがちらちらと眺めていて面白そうなカードが盛りだくさんですね!本流から離れたセットであるために色んなテーマがごった煮になっているのが何といっても醍醐味ですね。

 

 

取り上げられるテーマのひとつである「エルドラージ」、情報が先出しされていたこともあり今回の発表では濃度薄目かなぁと思っていたらなんだかんだありましたね。新顔の〈存在を盗むもの〉はクリーチャーこそ取れないものの置物対策としてなかなか頼りになりそうな子ですね。能力を活かさないにしろ土地二枚から3/4ボディが出てくるだけでも頼もしい。緑が絡むエルドラージでは見かけることが多くなりそうですね。

 

エルドラージ三柱ののこり二人も堂々たる姿で降臨です。穢モグはライブラリーを豪快に半分も削った上に+1/+1カウンターが追放領域のカードの中の最大マナ総量と同じ個数が乗っかって、さらにその分の滅殺が適用されて護法も超強力とかさすがにやり過ぎでは?崩壊コジは予示とロード能力で盤面の有利を確約し、さらに自分の予示に関してはドローで補完することでアドも取るという器用な能力ですね。単体の戦闘能力なら圧倒的にウーラ様が優位ですけど、コーシ様も過去イチスリムで出しやすそう。エメリア様ともどもお迎えにあがりたいところです。

 

そういえば気になっていたピッチスペルサイクルですが答え合わせがでましたね。白はライフ保持+呪禁と破壊不能付与、黒はある程度調整の利く布告除去、赤はインスタントかソーサリーのコピーでした。赤はともかく白と黒が予想以上に渋く、正直なところ素打ちでもピッチでも使う機会がなさそうで残念…モダホラ1でもこんな感じでしたかね。まぁ仕方なしか。

 

ゼンディカーの夜明けで初登場した裏側が土地であるカードが今回も登場するようですが、神話レア枠でしかできなかったアンタップインがアンコモンでもできるようになるようです。利便性の高いシステムとして評価の高い裏面土地、プレビューのカードの表面である〈魔女の結界師〉もディッチャで使いやすいのがイイですね。

 

 

統率者デッキのカードも紹介されてましたね。もちろん気になるのはエルドラージデッキのジェネラルですが、まさかの合体とは思わなんだ。能力も処理が大変になりそうなコピー系でめちゃくちゃ荒れそうですね。なぜ合体してなぜ全色保有しているのかというのを考察していたものを見かけてなるほどと納得しております。ゲートウォッチの誓いでウギンがおこだった理由がこれかもしれないとか。

 

 

そのほか、過去に登場したカードのリメイクだったりオマージュだったり、再録だったり、PWの変身するサイクルだったり、ストーリーに登場する伝説のキャラクターだったりと情報量が多いですね。アートの種類も豊富でコレクター泣かせなのはいつものこと。スペシャルゲスト枠も実装されており、前情報から予想されていたピッチインカネサイクルがここに入ってくるようです。〈表現の反復〉や〈虹色の終焉〉もまぁ選ばれそうだなぁ集める人は大変そうだなぁとおもって

 

 

んんんんん?????予見者くん?????ちょっとまってくれませんかねまじですかオイオイオイよりによってSPG枠かよやめてくれよビジュアルかっこいいじゃねぇかよぜったいお迎えしてやるからなぁ!?なお封入確率がとんでもなく低い模様。ぐぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ

当ブログに掲載されているマジック:ザ・ギャザリングの記事はファンコンテンツ・ポリシーに沿った非公式のファンコンテンツです。ウィザーズ社の認可/許諾は得ていません。題材の一部に、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の財産を含んでいます。©Wizards of the Coast LLC.