みれいずにっき

筆者の日常とか遊んでいるゲームのこととかを書いている日記。だいたいアイマスかMagic: the Gathering

フェリダーくんはやはり許されなかった

今年中は毎週月曜日に禁止改定が入ることが告知されているMTGの新フォーマット「パイオニア」。早速それの第1回目の発表となりましたが、いきなり3枚のカードが禁止カードに指定されるという波乱の展開に。いやまぁ環境初期から危険視されているカードがこれでもかと蔓延っているので何かしらのテコ入れは当然と言えば当然なのですが…

 

【パイオニア 禁止カード】

〈守護フェリダー〉

ニッサの誓い〉

〈豊穣の力線〉

 

フェリダーくんは言わずもがな、悪名高き「コピーキャット(サヒーリコンボ)」のキーパーツですね。当時のスタンではサヒーリとのコンボが発覚して緊急の禁止指定が入ったのも懐かしい黒歴史お話。モダンでは辛うじて許されているもののプールが狭いパイオニアでは干渉手段が減っていることもあり再びの投獄でした。〈ニッサの誓い〉は何故?とも思いましたがここ最近のセットで登場している低コストでありながら強力な能力を持つPWをマナベースの心配なく出せることが問題視されているようですね。〈ニッサの誓い〉を置くための緑マナさえ出せればお手軽に5Cフレンズが組めてしまうのは確かに危ない。

 

そして最初に見た時に理由がイマイチわからなかったのが〈豊穣の力線〉。クリーチャーから捻出するマナを追加したり+1カウンターをばら撒いたりと若干地味な能力と思っていたのですが、どちらかというと「ゲーム開始時に置けるエンチャント」というのがまずいそうで、パイオニアでもセット収録の関係で使用できる〈ニクスの祭殿、ニクソス〉との信心シナジーが強烈だからなんですね。2ターン目に4マナ安定は当たり前、ヘタすると5マナ以上出せるとかどこのエターナル環境ですか。トロンもびっくりのマナ加速ですね…それは確かに禁止されてもやむなし。

 

 

ひとまず今回はこの3枚で様子見となりましたが、コピーキャットと緑単信心の勢いが落ちた今また何かしらのデッキが暴れまわって即禁止、も起こりそうですね。値段も週ごとに大きく上下しそうですし資産的な意味でも危なそうなカードには手を出さないほうが安全かもしれない(モダン以下で使用する予定があるなら大丈夫だと思いますけど)。ガチで楽しみたい方にとってはデッキを組んで遊ぼうと思っても禁止改定が気が気じゃなくて大変ですね…

 


f:id:mirase:20191105210828j:image

ちなみに私の手元で組んでいたパイオニアのデッキ、トップメタではないし大丈夫だろうと油断していたら〈霊気拠点〉が怪しいとの情報があって若干頭を抱えています。そうだった「霊気池ガチャ」がありましたね…でもこれはニクソスと同じように「あくまでデッキの多様性を持たせる土地である」という判断で赦してくれないかなぁ。直接マーベルを禁止にすればいいんですよ(擦り付け

 

 

///////

 


f:id:mirase:20191105210912j:image

本日はあかりんごこと辻野あかりのお誕生日。新アイドルトップバッターだった初登場時は本当に話題になりましたね。キャラは語尾がアレだったりしますけど王道Cuteで結構美人さん。あきらちゃんやりあむと一緒に今後の活躍が気になりますね。負けるなあかりんご。