みれいずにっき

筆者の日常とか遊んでいるゲームのこととかを書いている日記

〈MTG〉Brawl無色単における無色カード所感:破滅の刻

流石に毎日暑いとはいえ、冷房がガンガン効いた部屋を出入りしていると体調もおかしくなってきますね。注意せねば。

 

 

///////

 


f:id:mirase:20180627215451j:image

本日もMTG企画モノ「Brawl無色単における無色カード所感」、第四回は破滅の刻。みんな大好きGPGを始め、墓地を参照するカードが多いですね。

 

 

 

 

〈見捨てられた石棺〉

サイクリングカードサポート。但し無色単におけるサイクリングカードは〈虚ろな者〉しかいない。


〈没収の曲杖〉

非常に優秀な墓地対策カード。使い勝手は〈大祖始の遺産〉より寧ろ良いかもしれない(指定が出来るため)。牽制になるので強気に置こう。


〈蓋世の英雄の短剣〉

+2/0修正且つ加虐1を付与。〈放射篭手〉よりはこちらを。1点もぎ取りたいときに。


〈王神の贈り物〉

みんな大好きGPG。小物でも優秀な能力持ちを引っ張って使い回したり。ゲームが遅いので素置き出来なくも無いが、出来れば〈来世への門〉からのほうが出しやすい、かも。


〈彫像の忌まわしき者〉

攻撃時に防御プレイヤーの墓地から一枚追放。ブロックされると簡単に落ちてしまうものの「攻撃できる墓地対策カード」としては優秀か。


〈虚ろな者〉

サイクリングか手札を捨てるごとにコストが少なくなる「ホロウワンデッキ」の軸。無色単だと精々3マナキャストかサイクリング要員か。まぁ4/4は強い。


〈マナリス〉

マナファクト。土地が少ない無色単ではほぼ必須。他のマナファクトも同様に〈金属製の巨像〉のコストを4減らせるのは地味に強い。


〈蜃気楼の鏡〉

2マナ支払って、場にあるアーティファクト・クリーチャー・エンチャント・土地になれる万能コピー。自分のファクトを水増ししたり相手の強力なクリーチャーを拝借したり。PWまでは流石にコピーできないのが残念。


〈黄昏のピラミッド〉

占術かカウンターを消費して1ドロー。簡単に手札補充が出来るなかなかに強力な置物。カウンターを使い切っても占術が出来るので優秀。


〈旅行者の護符〉

効果は〈改革派の地図〉とほぼ同じ。コメントもそれと同じ。真の無色単では以下略


〈忘れられた王族の壁〉

普段は0/4の壁、但し砂漠があれば1点飛ばせる砲台に。ただの壁よりは仕事してくれるのでブロックしつつ1点ちまちまと。

 

 

次回はイクサラン。