みれいずにっき

筆者の日常とか遊んでいるゲームのこととかを書いている日記。

交流会:迫りくる影


f:id:mirase:20201129230422j:image

本日はMTG交流会でした。今回は一段と人の集まりが良く用意された卓が全て埋まってしまうほどの盛況ぶり。MTGという同じ趣味で遊べる仲間が多くいるというのはコミュニティの輪として本当に有難い限りですね。もちろん対策はバッチリと、です。

 

交流会のイベントとしてモダン大会も開催されたので参加しましたが戦績はイマイチ…スイス3回戦のうちラクドスシャドウを2回と青白コンに当たりましたが全体で1ゲームしか取れていなかったのは悔しいですね。ラクドスシャドウには2タテ2連続でフルボッコ…改めて〈死の影〉と災い魔のボディの大きさを感じました。〈ティムールの激闘〉見え見えで殴ってくるプレッシャーが半端ない!こちらもビートダウンのデッキ(白黒エルドラージ)なので殴るしかないのですが、殴れば殴るほど大きくなるのはホントズルいなぁ(当たり前)。とはいえ除去増しのサイドボードは間違っていなかったはずなのでもうちょっと押し引きを覚えないとダメかなと感じた内容でした。青白コンは中途半端に押せてないうちにコントロールされて負けるという良くないパターン。プレイング以前に構築から怪しいかもしれないので考えないと…薬瓶を入れないにしろサリアは必要かも、とのアドバイス。ですよねぇ…

 

EDHも遊ぶ時間があったので数戦。最近組んだ殴りジェネラル〈孤独な王、グラン〉を試してみましたが結構感触は良かったかも。グランを出す、パワーを上げる(可能ならトランプル付ける)、単独で殴るの単純なルートですが、それだけで簡単に2ケタダメージを出せるので気持ちが良いですね。自身の能力でワンパンも狙えるので圧は十分のはず。ただ環境としては無限コンボが普通に飛び出すcEDHなところなのでカジュアルの域を出ないのはご愛敬。面白いのは確かなので色々差し替えて楽しんでみます。前から持っているカンバールは〈十三恐怖症〉が活躍したので満足。